医療法人仁友会 北彩都病院 RECRUITE SITE

秘書課秘書課

秘書課

「秘書課」一日の流れ

主な業務内容

ドクターのスケジュール管理・郵便物/メール/電話対応・学会への同行・資料作成補助・出張手配など

秘書課の1日の流れ

当院に入職したきっかけは?当院に入職したきっかけは?

もともと、大学卒業後は事務職として働く事を希望していました。 ただ、病院の事務職に限定していたわけではなく、大学に届いていた求人票の中から、たまたま北彩都病院の募集を見つけて応募したのがきっかけです。

旭川は私の地元に近く、旭川駅横という立地もあって以前から北彩都病院の存在自体は知っていましたし、学生時代は綺麗な建物だなぁと眺めていました。そこで自分も働いてみたいな、と(笑)

また、面接試験の時に対応していただいたスタッフの皆さんの印象がとても良かったことも、自分の中で入職を決めた1つのポイントになっていると思います。

実際に働いてみて感じたこと実際に働いてみて感じたこと

私が配属された部署は「秘書課」なのですが、まわりの皆さんが優しくサポートしてくれて、本当に働きやすい環境だなと感じています。

業務で困ったことなども気軽に質問できるような明るい雰囲気を、上司や先輩スタッフの皆さんで作ってくれていて、とても感謝しています。

また、秘書課が担当している業務内容について、一般的にイメージするような秘書業務だけではなく、その他にも色々な業務を担当していることに最初は驚きました。 ドクターと接する機会も非常に多いので、入職したばかりの頃はいつも緊張していました(笑)

当院に入職しようか悩んでいる方へ当院に入職しようか悩んでいる方へ

病院の事務職ということで、私自身、何か特別な資格も持っていませんし、実際の業務内容や他職種の方との関係など、正直、入職前は色々と不安に思うことが多かったです。

ただ、実際入職してみると自分の部署はもちろん他の部署・職種の方も皆さんとても親切で、色々サポートしていただきながら、楽しく働く事ができています。

また、病院の事務職として必要な知識を習得できる機会が沢山つくられており、事務の先輩たちが講師陣となって開催される「事務新人スキルアップ研修」などの企画もあります。他部署の事務スタッフとも研修で一緒になるので、同期入職者同士で交流できて仲良くなれるのも良いところです(笑) もし、入職を悩んでいるなら、是非、私たちと一緒に働いてみませんか?

駅に近くて通勤も便利ですよ(笑)