医療法人仁友会 北彩都病院 RECRUITE SITE

臨床工学技士臨床工学技士

臨床工学技士

「臨床工学技士」一日の流れ

主な業務内容

透析業務(準備、穿刺、返血、供給室、病棟透析)、在宅透析、患者管理(プライマリー、体液量測定)、機器管理

臨床工学技士の流れ

当院に入職したきっかけは?当院に入職したきっかけは?

臨床工学技士としてさまざまな業務を経験してきましたが、その中でも透析業務での専門性を高めたいと思い、道内最大規模の透析施設である北彩都病院への入職を決めました。

また、歴史ある病院であるため、高い技術を学ぶことができると思いました。

実際に働いてみて感じたこと実際に働いてみて感じたこと

フロアが広く、コンソールの台数に圧感でした。

患者さんがとにかく多いため、今でも戸惑うことが多いですが、1人でも多くの患者さんの治療に貢献できるように意識しています。
周りを見渡し、トラブルがあった際にはすぐに駆けつけ、対処できるよう、常に意識しながら働くことが重要だと思いました。

また、スタッフの人数も多いため、スタッフ間でのコミュニケーションの重要性を感じています。

臨床工学課として臨床工学課として

臨床工学技士はどの施設においても高い専門性が求められると感じています。そのためにも、日々の学習が重要であると痛感しています。

当院では研修会・学会の参加に関しても積極的であり、参加しやすい環境であると思います。そのため、やる気次第で自己学習をしやすいのもメリットではないかと思います。